WORDS AND SILENCE

音楽・料理・読書やインターネット関連で気になることとかを中心に色々と。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

キウイジャム。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

キウイが安売りだったので、キウイジャムを作ってみました。

キウイジャム

作り方はいつもの通り(いつもって何?ですが・・・)
キウイ5個に対してその容量の1/3の砂糖と、レモン半分の絞り汁を投入!
あとはコトコト煮るだけ、ラクチンーって思ってましたけど、
DSに完全に没頭してたら多少焦がしてしまった・・・。

まぁ、焦げても美味かったです。
キウイの酸っぱさとか、プチプチ感とかが、なかなか新鮮でした。
あんまり食べないのよなー、キウイジャムとかって。

今度は焦がさずに作ろう!


ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣
任天堂 (2008-08-07)売り上げランキング: 695


Posted by words-silence
Category : Cooking(作った料理の事)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

有楽町、変わったな〜。

IMG_9543.JPG

仕事で東京行ってました。

まぁ、それは置いといて有楽町変わったな〜!
昔は行く度に「いつまで工事してるんや」と思ってたら
終わってましたね、いつの間にか。

有楽町イトシア、って巨大ビルが出来てました。そこに大阪人としては憧れの
『クリスピー・クリーム・ドーナツ』が入ってて、帰りに絶対買おうと
思ってたら忘れました。。来月東京に行くアイカタさんに託します。

ところで有楽町と言えば、自分の中では『名代後楽そば』という
立ち食いの焼きそば屋さんでして、昼食時に有楽町に寄ると絶対行くんですが
あまりに有楽町が変わってたので「もしや・・・」と思ったんですけど、
無事にやってました。良かった〜!
お昼時にはサラリーマンでごった返すお店です。
このお店が近くにあったら最高なんだけどなぁ。。

ずっと行ってるんですけど、まったく飽きない。なんか好きなんですよね〜。
あの居心地の良さ。あそこは無くならないで欲しい。


有楽町で逢いましょう
フランク永井 ビクターエンタテインメント (2006-01-21)売り上げランキング: 137500


Posted by words-silence
Category : News.(気になること)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『The Paul Winter Sextet / Jazz Meets The Folk Song』

JUGEMテーマ:音楽
『The Paul Winter Sextet  /  Jazz Meets The Folk Song』

アメリカ生まれの男前サックスプレイヤー、ポール・ウィンターの
1963年作品『Jazz Meets The Folk Song』。ポール・ウィンターと言えば
ブラジルでの作品が有名どころですが、これはそのブラジルに渡る前の最後の作品。
この後、『リオ』だったり『サウンド・オブ・イパネマ』などを作る、、のかな?
(確か、そうだったと・・・間違ってたらご指摘ください)
本作にもブラジルっぽさというか、エッセンスは聞き取れます。

人気の『ARUANDA』、さらにB面1曲目を飾るDenny Zeitlin作の
『REPEAT』がカッコ良いです。サックスのソロからピアノのコード、
最後はドラム・ベースと来てスイングしまくりの相当踊れる曲。
家で聞くと逆にムズムズします。

Jazz Meets the Bossa Nova/Jazz Meets the Folk Song
Paul Winter Collectables (2001-01-30)売り上げランキング: 480302


Posted by words-silence
Category : Music(好きな音楽のこと)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『Saran Vaughan / The Explosive Side Of Sarah Vaughan』

JUGEMテーマ:音楽
『Sarah Vaughan  /  The Explosive side of Sarah Vaughan』

Sarah Vaughanの1960年ごろ(すんません、正確なリリース年わからず)
のアルバム『The Explosive Side Of Sarah Vaughan』
1959年にマーキュリーレコードと(さらに旦那さんとも)別れた後、
ルーレット・レコードと契約しての作品です。

ベニーカーター・オーケストラのイカしたアレンジでスウィングしまくってます。
お酒もイイ感じに入った深夜3時か4時ぐらいにかかったら、もう!
踊りまくりそうな曲ばっかです。高速ジャズ多し。
とは言いつつ、スロー〜ミディアムな曲もとっても良いです。

Posted by words-silence
Category : Music(好きな音楽のこと)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『アメリ』コンビ再び。

JUGEMテーマ:CM

監督:ジャン=ピエール・ジュネ、主演は新しいN°5の顔になった
オドレイ・トトゥという映画『アメリ』コンビで送るCHANEL N°5の新しいCM。

オリエント急行が舞台で、洗練された美しい映像。さらに音楽は
『ビリーホリデイ / I'm a Fool to want you』・・・・素敵です。

オドレイ・トトゥさん、また綺麗になったなぁ。。。
ココ・シャネルの伝記映画の主演も務めるので、
このCM見て、そっちも期待大になってしまいました。





アメリ [DVD]
アメリ [DVD]
posted with amazlet at 09.05.09
ビデオメーカー (2002-08-02)売り上げランキング: 1563


Posted by words-silence
Category : News.(気になること)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『J.D.サリンジャー / ライ麦畑でつかまえて(村上春樹訳 ver.)』

JUGEMテーマ:読書感想文
キャッチャー・イン・ザ・ライ
J.D.サリンジャー 白水社 売り上げランキング: 36452


J.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』やっと読んだ・・・。
あまりに有名なので、「まぁ、後でエエか」と放ったらかして早○年です。
ゴールデンウィークだったんで一気に読みました。

読んでないだけに、ほとんど予備知識無しだったんですけど
こんな作品とは思わんかった。タイトルからして、もっと伸び伸びしたようなw
フンワリした感じかと思いきや、なんとゆーか、毒舌小説でした。

これを読んだ後のリアクションって、極端に分かれるんだろうなー。
「意味ワカラン!」と「あぁ、分かるかも」って2つだと思います。

自分は完全後者だったんですけど、悶々としたというか、屈折というかw
この主人公の年代(10代中〜後半)の青春時代をダークサイドで暮らした人なら
ドンピシャで楽しめる?というのか、なんとも言えない気持ちになります。
読んでてモゾモゾしてしまうというか・・・この感覚、お久しぶり。みたいな。

でも読後の爽快感・充実感はなかなかのもんです。
昔、ダークサイドで暮らしていた人ならお祓いしてもらったような感じですよw


『ライ麦畑でつかまえて』

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

夫がしてはいけないこと・・・

JUGEMテーマ:読書感想文
イギリス人の知恵に学ぶ夫がしてはいけない181のこと
ブランチ・エバット サンマーク出版 売り上げランキング: 101602


ゴールデンウィーク中に読んだ本の1冊。1913年にはじめて刊行された
『イギリス人の知恵に学ぶ夫がしてはいけない181のこと』

あとがきで1913年当時の典型的な夫婦の様子が解説されているんですけど、
結構、壮絶です。亭主関白も軽く通過した、何て言うたらエエのやら、な状況。
イギリス人=紳士というイメージは結構薄らいじゃいました。

と、なると「そんな時代だったら、今ではあんまり当てはまらないんじゃ・・」
と思いきや、これが恐ろしいくらい当てはまります。
正直、当てはまり過ぎて笑っちゃうくらいです。予言がピタと当たった感じ?
例えば・・・

自分が帰るまで起きて待っていなくていいと、
妻に言ってはいけない。あなたが無事に帰宅するまで、
彼女がおちおち眠れないことを知っているはずだ。

心当たりあり過ぎですw

あとは、

あなたが家の主であることを忘れてはいけないが、
妻が女主人であることも忘れてはいけない。

と言うような、「なるほど」って思うようなものまであります。

1つ1つが短い文章なだけに、すとーんと入って来ます。
考えさせられるものも、1つずつじっくり考えれる感じ。

別に夫婦じゃなくてカップルでもイイですし(ウチなんてそーですし)
独身の方でも正直、楽しめると思います。丁寧に生きようって思いますよー。


ちなみに、女性向けには↓が。是非とも読んでいただきたい。

イギリス人の知恵に学ぶ妻がしてはいけない180のこと
ブランチ・エバット サンマーク出版 売り上げランキング: 77635


Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink
<< | 2/89PAGES | >>
おすすめ本
最近書いた記事
記事を検索
カテゴリー
トラックバック