WORDS AND SILENCE

音楽・料理・読書やインターネット関連で気になることとかを中心に色々と。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『ポール・オースター / リヴァイアサン』

JUGEMテーマ:読書感想文
リヴァイアサン (新潮文庫)
ポール オースター 新潮社 売り上げランキング: 129360

やっと読み終えました!ポール・オースターの『リヴァイアサン』

最近、なんだか読書のスピードが落ちてるような気がするなぁ・・と
思い悩んでいたんですが、どうも寒くて布団の中で読もう!という決意をして
布団に入った途端、漫画でよくあるバカキャラが小難しい参考書のページを
開いてすぐに『グー』みたいな。ああゆうすぐ寝ちゃう状態になるので、
これはスピードは関係ないな、と思いました。

で、ポール・オースターですがそんな事言いつつ大好きでして、
リヴァイアサンはエラく目まぐるしい作品でした。いつもは大抵一人の視点で
書かれるんですけど、この作品はやたらと色んな視点で語られてるのが新鮮。
相変わらず文章が綺麗。心理描写も素敵。訳者は柴田元幸さん。

『リヴァイアサン (新潮文庫)』

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink
<< 村上春樹の新刊。 | main | 『Designing Web Interfaces』 >>
Comments








Trackbacks
http://words-silence.jugem.jp/trackback/625
『 幻影の書』 ポール・オースター (著), 柴田 元幸 (翻訳)
救いとなる幻影を求めて??人生の危機のただ中で、生きる気力を引き起こさせてくれたある映画。主人公は、その監督の消息を追う旅へ出る。失踪して死んだと思われていた彼の意外な生涯。オースターの魅力の全てが詰め込まれた長編。オースター最高傑作!
| Anonymous-source | 2009/02/27 1:24 PM |
おすすめ本
最近書いた記事
記事を検索
カテゴリー
トラックバック