WORDS AND SILENCE

音楽・料理・読書やインターネット関連で気になることとかを中心に色々と。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『村上春樹 / 1Q84』はよ来いー!

JUGEMテーマ:読書
IQ84発送されたー!

Amazonから「発送したよ」メールが来たのが一昨日。
今日になっても来ない・・・。
ニュースじゃ「読みました」の放送が・・・。

Amazon、何やってんのー!はよ来てー!


1Q84(2)
1Q84(2)
posted with amazlet at 09.05.30
村上春樹 新潮社 売り上げランキング: 3


Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink

『J.D.サリンジャー / ライ麦畑でつかまえて(村上春樹訳 ver.)』

JUGEMテーマ:読書感想文
キャッチャー・イン・ザ・ライ
J.D.サリンジャー 白水社 売り上げランキング: 36452


J.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』やっと読んだ・・・。
あまりに有名なので、「まぁ、後でエエか」と放ったらかして早○年です。
ゴールデンウィークだったんで一気に読みました。

読んでないだけに、ほとんど予備知識無しだったんですけど
こんな作品とは思わんかった。タイトルからして、もっと伸び伸びしたようなw
フンワリした感じかと思いきや、なんとゆーか、毒舌小説でした。

これを読んだ後のリアクションって、極端に分かれるんだろうなー。
「意味ワカラン!」と「あぁ、分かるかも」って2つだと思います。

自分は完全後者だったんですけど、悶々としたというか、屈折というかw
この主人公の年代(10代中〜後半)の青春時代をダークサイドで暮らした人なら
ドンピシャで楽しめる?というのか、なんとも言えない気持ちになります。
読んでてモゾモゾしてしまうというか・・・この感覚、お久しぶり。みたいな。

でも読後の爽快感・充実感はなかなかのもんです。
昔、ダークサイドで暮らしていた人ならお祓いしてもらったような感じですよw


『ライ麦畑でつかまえて』

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

夫がしてはいけないこと・・・

JUGEMテーマ:読書感想文
イギリス人の知恵に学ぶ夫がしてはいけない181のこと
ブランチ・エバット サンマーク出版 売り上げランキング: 101602


ゴールデンウィーク中に読んだ本の1冊。1913年にはじめて刊行された
『イギリス人の知恵に学ぶ夫がしてはいけない181のこと』

あとがきで1913年当時の典型的な夫婦の様子が解説されているんですけど、
結構、壮絶です。亭主関白も軽く通過した、何て言うたらエエのやら、な状況。
イギリス人=紳士というイメージは結構薄らいじゃいました。

と、なると「そんな時代だったら、今ではあんまり当てはまらないんじゃ・・」
と思いきや、これが恐ろしいくらい当てはまります。
正直、当てはまり過ぎて笑っちゃうくらいです。予言がピタと当たった感じ?
例えば・・・

自分が帰るまで起きて待っていなくていいと、
妻に言ってはいけない。あなたが無事に帰宅するまで、
彼女がおちおち眠れないことを知っているはずだ。

心当たりあり過ぎですw

あとは、

あなたが家の主であることを忘れてはいけないが、
妻が女主人であることも忘れてはいけない。

と言うような、「なるほど」って思うようなものまであります。

1つ1つが短い文章なだけに、すとーんと入って来ます。
考えさせられるものも、1つずつじっくり考えれる感じ。

別に夫婦じゃなくてカップルでもイイですし(ウチなんてそーですし)
独身の方でも正直、楽しめると思います。丁寧に生きようって思いますよー。


ちなみに、女性向けには↓が。是非とも読んでいただきたい。

イギリス人の知恵に学ぶ妻がしてはいけない180のこと
ブランチ・エバット サンマーク出版 売り上げランキング: 77635


Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『村上春樹 / 1Q84』

JUGEMテーマ:読書
1Q84(1)
1Q84(1)
posted with amazlet at 09.04.25
村上春樹 新潮社 売り上げランキング: 10


村上春樹さんの新刊『1Q84(1)』がAmazonで先行予約開始です。

さっそく予約!




Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『東野 圭吾 / 白夜行』

JUGEMテーマ:読書感想文
白夜行
白夜行
posted with amazlet at 09.02.16
東野 圭吾 集英社 売り上げランキング: 18751

やっとこさ東野圭吾『白夜行』を読み終えました。
「やっとこさ」と言いつつ、前の『幻夜』に追いつけ追い越せ!なスピードで
読み終えてしまいました。またしてもマッハ記録達成です。
東野圭吾さんはアレですね、ストーリーの組み立て方、流れとか、言葉だとかが
異様に読み易いですね。スルリスルリと入り込んでしまうのです。

話はと言いますと『幻夜』同様、メチャクチャ面白いんですが、
メチャクチャどないのしようも無い話でした。こんなん許されるんかよ・・・。

次回は、友達からお薦めしてもらった東野作品に挑みたいと思います。



Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink

『ポール・オースター / リヴァイアサン』

JUGEMテーマ:読書感想文
リヴァイアサン (新潮文庫)
ポール オースター 新潮社 売り上げランキング: 129360

やっと読み終えました!ポール・オースターの『リヴァイアサン』

最近、なんだか読書のスピードが落ちてるような気がするなぁ・・と
思い悩んでいたんですが、どうも寒くて布団の中で読もう!という決意をして
布団に入った途端、漫画でよくあるバカキャラが小難しい参考書のページを
開いてすぐに『グー』みたいな。ああゆうすぐ寝ちゃう状態になるので、
これはスピードは関係ないな、と思いました。

で、ポール・オースターですがそんな事言いつつ大好きでして、
リヴァイアサンはエラく目まぐるしい作品でした。いつもは大抵一人の視点で
書かれるんですけど、この作品はやたらと色んな視点で語られてるのが新鮮。
相変わらず文章が綺麗。心理描写も素敵。訳者は柴田元幸さん。

『リヴァイアサン (新潮文庫)』

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink

『東野 圭吾 / 幻夜』

JUGEMテーマ:本の紹介
幻夜
幻夜
posted with amazlet at 08.11.06
東野 圭吾 集英社 売り上げランキング: 64616

久々のサスペンス。そして初・東野圭吾。
なにげなーく手に取った本なんですけど、3日で読み終えました。
3日ってのは自分の読書スピードからするととんでもない早さ!!
ここ3日はこれとS.A.T.C.でてんやわんやでした。

読み始めから一気に惹き込まれて、さらに惹き込まれて
ドッキドキの状態でラストを迎えました・・ネタバレしちゃうので書きませんが
読後は暫く放心状態でした。そんなん、エエの・・・?!的な。

なんの予備知識も無しに読んだんですが、
Amazonのレビューを見るとどうも、『白夜光』という作品の続編だそうで。。。
ということは美冬さんって、まさか、、、ヒエーーっ!となってます。今。

これは、もう、一刻も早く読むしかないです。
S.A.T.C.のキャリーとビッグも気になりますが(まだシーズン2。遅。)、
美冬さんも気になるわけです。忙しい!


白夜行
白夜行
posted with amazlet at 08.11.06
東野 圭吾 集英社 売り上げランキング: 49380

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX (初回限定生産)
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-09-26)売り上げランキング: 199

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 1 Trackbacks / Permalink

『封印歌謡大全 / 石橋春海』

JUGEMテーマ:本の紹介
封印歌謡大全
封印歌謡大全
posted with amazlet at 08.09.23
石橋 春海 三才ブックス 売り上げランキング: 38823

『封印歌謡大全 / 石橋春海』を読了。
タイトルまんま、とある理由(大概は歌詞の内容に関しての倫理的なもの)で
封印されてしまった歌がその理由と一緒にめっちゃんこ紹介されています。

「放送事故」やら「放送禁止」やら「出版禁止」やらもありますが、
どうしてこう禁止されたものって惹きつけられるんでしょ。
休みの日に一気に読んじゃいました。

ビックリだったのが、「知らんかったんかい!」と言われそうですが
あのガチャピンの放送禁止曲。今回初めて知りました。
なんでも出来るヤツとは思ってたが人も食べれちゃうとは・・・
曲は結構カッコよくって、これまた意外。作曲は吉田拓郎。




『トリビアの泉』の演出がまたオモロイ。

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『くいしんぼう / 高橋みどり』

JUGEMテーマ:本の紹介
くいしんぼう
くいしんぼう
posted with amazlet at 08.09.16
高橋 みどり 筑摩書房 売り上げランキング: 187429

高橋みどりさんの『くいしんぼう』を読了。
kunelの「伝言レシピ」読んでからの高橋みどりさんファンです。
めちゃんこ読み易いエッセイ集であっという間に読んじゃいました。
強いて言えばもっと写真やらイラストやらの画が欲しかったかも。

銭湯の話があって、読んでてモウレツに行きたくなりました。
昔、めちゃ行ってた時期あるんですけど、引っ越してから行ってないな〜。
その頃は銭湯帰りにコーヒー牛乳飲んでましたけど、高橋みどりさんは
ビールいっちゃってるようです。なんて素敵!銭湯行ってビール飲みたい!

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink

『マイ・ロスト・シティー』

JUGEMテーマ:小説全般
マイ・ロスト・シティー (村上春樹翻訳ライブラリー)
フランシス・スコット フィッツジェラルド 中央公論新社 売り上げランキング: 108233


最近、F・スコット・フィッツジェラルドにハマってしまいました。
最初に読んだのがこの『マイ・ロスト・シティー』。短編集です。
昔、レイモンド・カーヴァーの第一次ブームの時に村上春樹翻訳繋がりでパラっと
見たんですけど、当時はあんまりでした。なんというか、暗かったのでw

今読んでも、やっぱり暗くて所謂ハッピーエンドではないのですが
三十路に突入したからなのか、妙にこの暗さが気持ち良くなってきました。
主人公・ストーリーの落ち方(堕ちかた)がとても美しいです。
素敵かつ綺麗に堕ちていく感じ。その綺麗さにホワ〜っとなっちゃうのです。
すごい居心地の良い、クセになっちゃう暗さです。
「氷の宮殿」の美しさと言ったら!もう!みたいな。やたら沁みます。

Posted by words-silence
Category : Books & Magazine(好きな本・雑誌やら)
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink
| 1/3PAGES | >>
おすすめ本
最近書いた記事
記事を検索
カテゴリー
トラックバック